有限会社新勝の新築住宅の流れ|さいたま市の注文住宅なら新勝にお任せ!!|さいたま市浦和区 3つ星工務店 (有)新勝

新築工事のお引渡しまでの流れです。

簡単な工事の流れをまとめてみました。
工事の流れにより多少の変更はあります。

1.地盤調査(検査の結果により、地盤補強をします。) 2.遣り方 3.配筋検査 4.基礎完了 5.土台敷き 6.先行足場 7.上棟 8.屋根工事 9.防虫工事 10.サッシ搬入 11.ベランダ防水 12.中間検査 13.内部配管・ガス配管・電気配線 14.ユニットバス工事 15.外部工事(防水紙・サイディング) 16.雨樋 17.足場バラシ 18.キッチン工事 19.大工木完後クロス工事 20.電気・設備・ガス工事仕上げ 21.タイル工事
22.クリーニング工事 23.襖・畳搬入・火災報知機など取付け 24.外構工事 25.お引渡し

工事着工です。

地盤調査として、スウェーデン式サウンディング試験を行い地盤の強度を判断し、地盤改良の必要性を判定します。地盤調査の結果により地盤改良を先行して行う場合もありますが、通常は建物の位置・高さ・水平などを決める「遣り方」から始めます。 

基礎の配筋です。

1.根切り 2.砕石を敷きランマーで締める 3.防湿シートを砕石の上に敷き、外回りに捨てコンクリート打設 4.外回りの立ち上がり部分の型枠を組む 5.鉄筋を組み立てる

財団法人さいたま住宅検査センターなどの第三者機関がしっかりとした検査をしてからコンクリートを打設します。

※防湿フィルムとは、水蒸気を通さない厚さ0.1mm以上のポリエチレンなどで、壁内への水蒸気流入を防いで壁内結露を防止するためのフィルムです。
※捨てコンクリートとは、鉄筋が地面に直接触れないためと正確な位置を出すためのコンクリート打ちです。

基礎完成です。

6.土間コンクリートの打設 7.中の立ち上がりの型枠を組む 8.アンカーを入れて、立ち上がりのコンクリートの打設 9.コンクリートが固まるまでの養生期間を置く 10.養生期間後枠バラシ

コンクリートを打設してから中4日くらいは養生期間としておいておきます。
基礎はベタ基礎です。土台と基礎の間に基礎パッキンを使い床下の通気を取ります。

※ベタ基礎の底盤厚さ:15cm
 値入れの深さ:30cm
 地上部分の基礎の高さ:40cm

建て方・木工事

大工・鳶が、柱・梁などの構造材を組んでいきます。
建て方後は、屋根下地・床組・筋交いなどを施工していきます。当社では、1・2階の床にネダレス工法で24mm厚の構造用合板を張り、水平面の強度を高め、家全体の強度を上げる剛床を使用しています。
その後屋根工事をします。アスファルトルーフィング(防水シート)を敷きカラーベストコロニアルを葺きます。

内部下地工事

給排水の配管・ガス配管・電気の配線工事をすませ、床・壁・天井の木下地をすませた後断熱材(壁・天井:グラスウール・床:スタイロフォーム)を入れ、24mmの剛床を張って、フローリング(12mm)を貼りそのあとに石膏ボード(天井:9mm・壁:12mm)を貼ります。

外部工事

強度をあげるため、外部に9mmのベニアを張ってから、防水紙を貼りサッシまわりには紙の隙間から雨水が入らないように防水テープを貼ります。
その後に通気層を設ける胴縁通気工法をしてから16mmのサイディングを張ります。

内装工事

石膏ボード下地材の目地埋め(パテ)処理をしてから、クロスを貼ります。
クロス貼りが終わるとキッチンなど水廻りの器具付け・電気(照明・コンセントなど)仕上げ・ガス仕上げ、玄関タイルを仕上げたあとにクリーニングをします。その後襖・畳の搬入、ドアストッパー・火災報知機の取り付けをします。

お引渡し

工事が完了したらお施主様立会いの下、家の中のチェックをして頂き気になる点が無ければ鍵をお渡しして、お引渡しになります。
新築工事のことなら
TEL:048-885-9891
FAX:048-885-9893
までお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら